【病気編】筋トレがもたらす健康な生活

皆さんこんにちは、松下です!

今日は筋トレが私たちの健康にどのようなメリットをもたらしてくれるのか紹介していきたいと思います。

糖尿病予防

これは知っている人も多いかもしれませんが、筋トレは糖尿病にかかるリスクを大きく下げてくれます。しかしながら、どれだけの運動をすればそいいのかご存知ですか?

一日たった25分の運動で3割以上も糖尿病リスクが下がる

アメリカのハーバード大学がこんな研究をしました。

男性医療従事者(40~75歳)およそ5万人を対象とした追跡研究のデータから、1986年の登録時から1990年までに糖尿病、がん、心筋梗塞、脳卒中などにかかったことがない3万2,002人を対象に、1週間あたりの筋力トレーニング量および歩行や水泳などの有酸素運動量を1990年から2008年まで18年にわたって追跡したところ、2,278人が糖尿病を発症した。

解析した結果によると、日常的に筋力トレーニングを行う人ではそうでない人に比べ、2型糖尿病発症リスクが34%低下することがわかったそうです。また筋力トレーニングは有酸素運動とは別に2型糖尿病予防の因子になっていることもわかりました。
運動別に見ると…

筋トレ
・週150分以上の筋力トレーニングを行った人・・・34%減
・週60~149分間の筋力トレーニングを行った人・・・25%減
・週59分未満の筋力トレーニングを行った人・・・12%減

有酸素運動
・週150分以上の有酸素運動を行った人・・・52%のリスク低下
・週60~149分間の有酸素運動を行った人・・・31%のリスク低下
・週59分未満の有酸素運動を行った人・・・7%のリスク低下

運動をすることでこんなにも糖尿病リスクが下がることが判明したんです。これらの結果から、運動時間が増えるほど糖尿病のリスクは減っていくことがわかり、少ない運動量でも効果が得られることが明らかになりました。また、研究者によると筋トレをする時間が1週間当たり60分増えるごとに、糖尿病発症リスクは13%減少することもわかっています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。運動をすることによって糖尿病のリスクは大きく下げることができます。糖尿病は一度かかってしまうととても大変な病気です。生活面でも健康面でも大きく変わってしまいます。運動は人間の体にとってとても欠かせないものです。これからも健康で元気な毎日を送っていくことができるように、皆さんこれからも楽しく体を動かしていきましょう!

 

ゆがわらスポーツクラブ は本日も元気に営業しております。皆さんが元気にトレーニングしにきてくださることを今日も心よりお待ちしております!