熱中症対策!

おはようございます☀︎

連日の猛暑で、すっかりダラけ気味のスタッフRです。゚(゚´Д`゚)゚。

さて…そんな今日は私も含め、誰もが突然なりうる熱中症をテーマにしていきたいと思います!

熱中症とは?

熱中症とは、暑い環境や体温が下がりにくい環境で起こる、体の異常のことをいいます。

ちょっと前は、日射病って言われたりしましたよね?医学的には、重症度に応じて熱疲労、熱けいれん、熱射病などと言われていました。

熱中症は、炎天下で活動するとなりやすいと言われていますが、お年寄り方は、家の中・夜間などにエアコンを使用せず、気付いたら熱中症になっていたケースも多いと言われています。

最近は、毎日の様に熱中症で搬送されたなんてニュースを目にしますが、お年寄りの方で、エアコンをつけていたが、壊れていた。設定が暖房のままになってた。なんて事もあったようです。

熱中症の症状

熱中症の症状には、以下のようなものがあります。↓↓↓

・めまいや立ちくらみ、顔のほてり
・筋肉痛や筋肉のけいれん、足がつる
・倦怠感、吐き気、頭が重い、頭痛
・汗のかき方がいつもと違う、汗がでない
・体温が高く皮膚が赤く乾いている
・呼びかけに反応しない、おかしな返答をする
・まっすぐ歩けない
・自分で動けない、水分補給ができない

などがあります。

また、意識障害がみられる場合は、重症度が高い可能性がある為、より注意&速やかな対応が求められます。

熱中症を予防しよう!

熱中症を予防する為には、暑さに負けない体作りが大切です。日常的に適度な運動を行い、適切な食事、十分な睡眠をとるように心がけましょう!

★水分をこまめにとろう

のどが渇いていなくても、こまめに水分をとる様にしましょう。スポーツドリンクや経口補水液など、塩分・糖分を含む飲み物は水分の吸収がスムーズにできるのでより効果的です。

★適度な塩分補給

汗をかくと塩分が失われます。

普段の食事を通じて、適度な塩分補給を意識してもいいかもしれませんね(^_−)−☆

※お医者さんから、水分・塩分等の制限がでている場合は、主治医の先生によく相談し、その指示に従いましょう。

★睡眠時間・環境を快適に!

熱帯夜では、なかなか気持ち良く寝る事はできませんよね?(>_<)

適度に、エアコンや扇風機を利用し、心地よい睡眠環境を作りましょう。最近では、涼しくなれる寝具などもあるので、快眠グッズを使用してみるのもいいかもしれませんね☆

★丈夫な体づくり!

暑さに負けない体づくりも、夏を乗り切るのに重要ポイントとなってきます!

バランスの良い食事!

快適な睡眠!

日常的に適度な運動!

体調管理をする事で、熱中症にかかりにくい体づくりを心がけましょう!

では、また〜(*´∀`)♪☆