今すぐやるべき!【ストレッチの大切さについて】

こんにちは、三階スタッフ松下です!
あの暑かった夏が過ぎ、気づけばもう秋がやってきましたね。秋といえば、読書の秋、食欲の秋、または、運動の秋と暑かった日々を乗り越えた後の新たなスタートをきる季節、春に加え、第二のスタートを切る季節とも言えます。ということで、僕も新しいスタートを切っていきたいと思います。題して、ストレッチの秋です

トレーニングや有酸素運動など、走ったりしている方は多いと思いますが、その中でしっかりとストレッチもしている方は少ないのではないでしょうか。軽くぱっぱと済ませて、早く運動を始めたいですからね。また、運動をした後に、わざわざ腰をおろしてゆっくりストレッチはちょっと面倒くさいなんていうふうにも思います。ストレッチが大切だとは思っていながらもやろうとまでは、なかなかなりませんよね。しかしながら、ストレッチを疎かにしているということは、せっかく一生懸命運動した頑張りを水の泡に流しているのと同じことです。運動をしていても、ストレッチをしていないと意味がないと言っても過言ではありません。逆に、ストレッチをすることで何倍にも効果をアップさせることができるということです。ということで今回は、ストレッチの大切さについて話していきたいと思います。

 

ストレッチの大切さについて

ストレッチが重要であるということは、皆さんすでにご存知かと思いますが、具体的に「なぜ重要なのか」「ストレッチを行うことでどのようなメリットがあるのか」などについて、正しく理解できていない方がほとんどです。まずは、メリットについて紹介していきます。

パフォーマンスの向上

運動前にストレッチを取り入れることによって、「運動のパフォーマンスを向上する」といったメリットがあります。
ストレッチというと、柔軟性を向上させるイメージがありますが、筋肉の温度を高めたり、神経からの伝達速度を速めたりする効果も期待できるのです。
実際に、プロスポーツ選手も本番前・練習前などにストレッチを取り入れているケースが多いもの。パフォーマンスを重視したい場合は、運動前のストレッチが必須といえます。

怪我予防

ストレッチには「怪我予防」の効果も期待できます。
身体の柔軟性が低下している状態で激しい運動をすると、思いがけず筋や筋肉を傷めてしまうリスクがあります。
また、柔軟性が低いと、転倒など突然の事態で大きな怪我をしやすくなるため注意が必要です。
しかし、運動前にストレッチを済ませておくことで、怪我の予防につながり、安全に運動を楽しむことができます。
とくに「普段あまり運動をしない」「運動時は激しい動きが多い」などの方は、運動前にストレッチをしておかないと、深刻な怪我を負うリスクが高いです。
運動をする際には必ず、怪我予防のためにストレッチを行うことをおすすめします。

筋肉の疲労回復

ストレッチには、筋肉の疲労回復効果も期待できます。
運動後、筋肉には疲労がたまっていますが、こうした状態を放置してしまうと、身体のだるさや不調、パフォーマンスの低下につながってしまいます。
しかし、運動後にストレッチを行えば効果的に筋肉の疲労を取り除くことができ、身体の回復を早めることができるのです。
ただし、運動後のストレッチはテンポ良く行うのではなく、ゆっくりと呼吸に合わせて行うのが理想。30秒ほどかけて、ゆっくりと筋肉を伸ばすイメージでストレッチを行ってください。

リラックス効果

あまり知られていませんが、ストレッチには「リラックス効果」が期待できます。
ストレッチを行うことで、副交感神経が優位になり、ストレスの軽減につながるのです。身体だけではなく、心のリラックスが実現できますので、現代で活躍する方々に重要な工程といえるでしょう。
ただし、リラックス効果を期待するのであれば、ゆったりとしたテンポで時間をかけて行うのが理想です。

 

ストレッチの種類について

ストレッチにはいくつか種類があります。それぞれ、適切なシーンや効果、影響などが異なりますので、正しく把握しておきましょう。

スタティックストレッチ

スタティックストレッチとは、ゆっくりと体を慣らすイメージで行うストレッチのことです。一般的に行われてることが多いストレッチで、時間をかけて筋肉を伸ばします。
また、スタティックストレッチは筋肉への負担が少なく、運動初心者の方でも安全に身体の柔軟性を高められる方法です。これは、運動後、または夜寝る前などにするのが最適のストレッチです。

ダイナミックストレッチ

ダイナミックストレッチは、文字通り身体を大きく動かすイメージで行うストレッチのことです。
体幹を意識しながらさまざまな動きを取り入れ、身体を温めながら筋肉を伸ばしていきます。また、パフォーマンスを高める効果が期待できますので、運動前の「ウォーミングアップ」として取り入れることもおすすめです。

バリスティックストレッチ

ダイナミックストレッチよりも、さらに大きな動きを取り入れたストレッチが「バリスティックストレッチ」です。
バリスティックストレッチは、いわゆる「ラジオ体操」が該当するストレッチで、はじめは可動域の狭い動き、そして徐々に大きな動きへとシフトしていくストレッチ方法となります。
反動をつけて行うストレッチですので、無理をすると身体を傷めてしまうリスクもあります。身体の調子を見ながら、慎重に行いましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。ストレッチは、パフォーマンスの向上、体のリカバリー、また精神の安定などたくさんの効果があるということがわかったと思います。運動を続けていく中で、また、生きていく中で、体の健康はとても大切です。それを維持するために、日々しっかりと体のメンテナンスをすることがいつまでも元気で活発に生きていくことのできる近道だと思います。運動をしているかどうかに限らず、ストレッチは僕たちの生活においてとても大切なことです。皆さん、これからも元気でいられるよう、トレーニングだけに囚われず、これからはストレッチも同じくらい頑張って行っていきましょう。僕もしっかりと継続していきたいと思います。
加えて、第二のスタートの季節がやってきました。皆さんも何か新しいことに挑戦してみてはいかがでしょうか😎

 

ゆがわらスポーツクラブ は本日も元気に営業しております。皆さんが元気にトレーニングしにきてくださることを今日も心よりお待ちしております!