【お酒は健康に良い⁉︎】アルコールが体に与える良い影響

こんにちは、
最近、太り始めてきたので少しダイエットを考えている松下です!

皆さん、お酒は好きですか? たくさん運動してたっぷり汗をかいた後の一杯はたまんないですよね。それを飲むために運動している人もいるくらいですから笑 そんなお酒なんですが、やはりアルコールは体に良くないなどネガティブな意見を多く耳にするものです。太ってしまう…肝臓にストレスが…などなどたくさんあるかと思います。しかしながら、そんな皆さんに朗報です!! どうやら皆さんが思うほど、体に悪影響はないようです。むしろ、飲み方によっては体に良い影響をもたらすという研究結果もあります。ということで今回は、お酒が体に与える良い影響について紹介していきたいと思います。

 

心筋梗塞などの冠動脈疾患による死亡率が低くなる

1981年にイギリスのマーモット博士が発表した「飲酒と死亡率のJカーブ効果」という疫学調査結果によると、毎日適量飲酒する人は、全く飲まない人や時々飲む人に比べて、心筋梗塞などの冠動脈疾患による死亡率が低い傾向にあります。これは、アルコールにより血行促進が促進されるためだと考えれています。
また、お酒のせいで太ってしまうと思われがちですが、お酒によって摂取されたエネルギーは消費される優先順位が高いことがわかっています。なので、実はお酒によって太ってしまうのはお酒を飲むときに食べるおつまみが原因です。

 

リラックス効果

お酒を飲むと気分がよくなるのは、アルコールが「理性の座」ともいわれる大脳新皮質の働きを鈍くするからです。それによって、感情や衝動、食欲、性欲などの本能的な部分を司る大脳の古い皮質(旧皮質や辺縁系)の働きが活発になり、精神が高揚し、元気も出てきます。 また、ワインやウイスキーなどの香りにはリラックス効果が、ビールの原料・ホップの香りには気分を落ち着かせるなどのアロマ効果があります。 ストレスを解消するためには、自分のペースでゆっくりとお酒を楽しむことが大切です。

 

まとめ

お酒には、病気のリスクを下げてくれる効果やリラックス効果があります。
ということで、皆さん! これからもたくさん運動して楽しくお酒を飲んでいきましょう!

またこれは絶対に忘れてはいけないことですが、お酒は適量を飲むことが大切です。ビールで言うと、1日に摂取していい量は、ロング缶(500ml)一本です。飲み過ぎには要注意です。これからも健康で生きていけるように、飲んでいきましょう!

 

ゆがわらスポーツクラブ は本日も元気に営業しております。皆さんが元気にトレーニングしにきてくださることを今日も心よりお待ちしております!